須磨学園2期生による 俺の甲子園プレイ日記

ただプレイ日記を書くだけのブログです。

春季大会4回戦敗退

春季大会、兵庫県大会で4回戦敗北しました。

1回戦 不戦勝

2回戦 須磨学園 9ー2 赤塚山

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  R    H E

   須磨学園 0 0 0 1 1 1 3 2 1    6 2  

   赤塚山  0 0 0 0 0 2 0 0 0    1 2

  • 2回表、須磨学園は三者連続三振に終わる。6回裏、須磨学園は捕手を橋本に 変える。3点ビハインドの赤塚山は、相手のミスが絡み、2死3塁のチャンスで3番阿部が2塁打。さらに、相手のパスボールで阿部がホームへ還り1点差に詰め寄る。しかし終盤、須磨学園が突き放し、9対2に終わった。

 

3回戦 須磨学園 5ー4 育英

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  R    H E

   須磨学園 1 0 1 0 1 0 0 2 0    2 4

    育英  0 0 0 3 1 0 0 0 0  4  0 6

  • 須磨学園リードで迎えた4回裏の育英、2死満塁で1番寺西はフォアボールを選び押し出し、さらにパスボールや暴投が絡み、逆転に成功。試合は3対4で8回表。須磨学園は、1死1,2塁からダブルスチールに成功。投手小山田が敬遠され、宮越の打席で田中がパスボール。相手のミスを生かした須磨学園が5対4で勝利。しかし、須磨学園監督は、被安打0での4失点に表情を曇らせていた。

4回戦 須磨学園 3-7 須磨友が丘

        1 2 3 4 5 6 7 8 9  R    H E

   須磨学園 1 0 0 1 0 0 0 1 0    6 3

    須磨友が丘  0 0 2 0 1 0 1 3 ✖    7 2

  • 県5位vs4位の注目集まる1戦となった。須磨学園は2死2塁のチャンスで塚田がライト前ヒット。2走者前田が一気にホームへ突入し先制。4回表、1点ビハインドの須磨学園は、1死3塁のチャンスで7番橋本。センター前に運び同点に追いつく。さらに1死1,3塁のチャンスを作るが、飯田がゲッツ―を取られる。その後相手に突き放され、須磨学園は負けた。監督は、「守備でのミスが多すぎる。夏までに鍛え上げたい。」と話していました。